1年間の中でダイエットに向いている季節はいつなのでしょうか。

たくさん汗をかく夏場が痩せやすいというイメージを持っている人も多いようですが、最近では夏太りする人も増えてきています。
夏は暑いので冷たい氷菓子やアイスなど甘いものを口にする機会が増えることと、冷やし中華やそうめんなどしか食べる気がしないという人もいます。
また、オフィスや施設の密閉した中では冷房が効きやすいことから、夏でも室内温度は適温より寒いと感じている女性もいるようです。
炭水化物や糖分の過多、そして内蔵冷えにより、基礎代謝が衰えて夏にもかかわらず太ってしまうパターンも珍しくありません。
それでは、そんな夏太りを解消してスッキリする体になるために、どんなダイエットや予防が必要なのでしょうか。
まず、食生活を夏だからといって極端に変化させないことが大切ですが、そうはいっても難しいことです。
なので、例えばかき氷やアイスを食べるのならカロリーが低く糖質も少ないヨーグルトを食べたり、炭水化物や糖分ばかりでなく血や筋肉を作るたんぱく質を補い、筋肉量を減らさないことが大切です。
それと、夏場な夜も朝も暑くて運動不足になり、ダイエットのために運動することさえ億劫になりますし、気温が高く湿度が高いときの運動は健康を損ねることがあります。
なので夏は適温にエアコンで調節された室内運動をメインにダイエットをすると、熱中症になるリスクを抑えることができます。
室内運動として、ヨガやピラティスは運動スペースも取りませんし騒音もなく、マンションなどでも行っても大丈夫です。
ヨガやピラティスは、筋肉の繊維を古いものを新しくしてくれるストレッチ効果があり、消費カロリーを増やしてくれる筋肉量を維持するのに有効的です。